Top

手紙と文房具と本と日々のことをつらつらと…
by usausa87
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログパーツ
フォロー中のブログ
LINK
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
パラレル 長嶋有
from 粋な提案
ラミーサファリは毒ですよ
from Pushpin Diary(..
連休3日間
from manu
10月といえば…
from manu
やっぱり白が好き!
from もの!モノ!!mono!!!
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:万年筆 ( 19 ) タグの人気記事
Top▲
今日のお手紙
b0055088_1222955.jpg


山田紙店の原稿用紙にヌードラーズのレッドインクでお手紙をしたためました。
お手紙に赤いインクというとちょっと抵抗があるかもしれませんが、このインクは真っ赤ではなく、とても落ち着いた色なのでこの時期に使いやすいかと思います。
もちろん、親しい相手にしか使えませんが…。
赤いインクは扱いに注意が必要なので、あまり気をつかわなくて良いサファリに入れてサインペン感覚で使っています。





b0055088_1223948.jpg


久しぶりにシーリングスタンプをおしてみたのですが、失敗して汚くなってしまいました。
ま、これも味ということで…。


[PR]
Top▲ by usausa87 | 2010-10-21 12:10 | letter
ペンクリニックに行ってきました
b0055088_2011149.jpg



[PR]
Top▲ by usausa87 | 2010-07-14 20:00 | stationery
万年筆普及委員
友人が万年筆に興味があるようなので、ひとつプレゼントすることに。全くの初心者なので簡単な説明を描きました。
b0055088_1421298.jpg
b0055088_1422272.jpg

[PR]
Top▲ by usausa87 | 2010-04-29 01:31 | stationery
万年筆でお手紙書き
b0055088_751158.jpg

[PR]
Top▲ by usausa87 | 2010-03-24 07:49 | diary
色彩雫 iroshizuku 躑躅 tsutsuji
b0055088_5363857.jpg


ユビキタス・キャプチャ用Moleskineで日付と時刻の記入に使っているインクです。
試し書きをしに3回もお店に足を運び、ちょっとシブめのピンク色が気に入って購入。
ところが、家に帰って自分の万年筆に入れて書いてみると全然色が違う!かなり鮮やかなピンク色。
どうやらお店のインクはかなり熟成されて色が変わってしまっていたようです。
購入初日でお蔵入り決定か?とも思いましたが、よくよく見るとこれはこれでとっても綺麗な色。目立たせたい部分に使っていくことにしました。
今までブルー系以外は渋い色ばかり使っていたので、鮮やかなこの色はとっても新鮮で、今ではすっかりお気に入りの色になりました。
[PR]
Top▲ by usausa87 | 2010-01-21 05:51 | stationery
セーラー プロフェッショナルギア
先月末、突然ものすごい量の仕事が空から降ってきてここ3週間ほど終わるのかな~と不安になりながらバタバタしていたのですが、なんとかひと山越えました。
いただいた手紙のお返事も書けず、読書時間もほとんどとれず、毎日とんでもない時間に帰宅、就寝・・・。すっかり時差ぼけ状態です。

ふっとひと山越えたこういう時って何か買い物したくなるわけですが、ちょうどいいタイミングでふらふらっと立ち寄ったお店でセーラーの万年筆のセールをしていたので、買っちゃいました。
b0055088_355721.jpg

以前から国産万年筆のEFかFが欲しいな・・・と色々なお店で試し書きをした結果、セーラーのプロフェッショナルギア黒軸銀タイプと目星はつけていました。ニブをEFにするか、Fにするかを決めきれていなかったのですが、今回FとMのみがセール中ということで、Fで即決でした。
b0055088_362244.jpg

21金ペン先がこのお値段で買うことができるのって、国産メーカーの良心的なところ。金はどちらかというと嫌いな色で、圧倒的にシルバー派の私ですが、21金バイカラーのペン先は嫌な派手さはなく、とっても上品な印象です。
b0055088_363487.jpg

お店で試し書きをした時は感じなかったのですが、家でいざ手にしてみると思っていたよりも小さい(短い)気がしました。現在の一軍万年筆と比べてみると、一番小ぶりなモンブラン144よりも両端がカットされたデザインの分、短くなっています。ただ、ペン先部分は他のどの万年筆よりも大きく長いし、太軸なので、実際書いてみるとサイズのことは全く気になりません。
b0055088_365231.jpg

万年筆は何本か持っていますが、実は1000円以上するものでは初の国産メーカー品。国産ものは海外のものと比べると一段階くらい細めだといいますが、一軍万年筆の中では一番細字のLAMY VISTA (EF)と比べてもかなりの細さです。VISTAはペンクリニックで調整していただいて、EFでもとっても滑らかな書き味で一番出番が多いのですが、今回プロギアで書いてみて、柔らかい書き味ってこういうのを言うんだ~と感動しました。
b0055088_37880.jpg

(画像は左からパイロットのデスクペン(EF)、LAMY2000(EF)、LAMY VISTA(EF)、プロギア(F)、モンブラン144(M)で書いたもの)

柔らかい書き味に加えて、太軸の割りに軽量(2000よりも軽い)なので、長時間書いても疲れにくく、気が付いたらコンバーターのインクが空っぽになっていました。
[PR]
Top▲ by usausa87 | 2009-08-18 02:19 | stationery
PILOT「birdie」
b0055088_43327.jpg

b0055088_6162584.jpg


初めての万年筆は「birdie」でした。
買ったのはたしか大学1年の時だったと思います。講義ノートは全てこれでとっていました。
小さなお店のデッドストック品を購入したので、どの年代の製品かは不明です。
どうしてこれを選んだのか・・・は覚えていませんが、黄色は当時大好きだった色で、黄色いモノをよく買っていました。

一度、黄色いスクーターに、黄色いサマーセーター・黄色いスカート・黄色い靴で、黄色いヘルメットをかぶって登校したら、「あの女、自分で黄色が似合うとでも思ってるんだろうか、馬鹿じゃない? ×○#%&$!&(文字化けではありません。)」と言われたことが・・・。

それ以来黄色断ちをしました。
初めて買った万年筆が、最後に買った黄色いモノ・・・かな?
それ以来、選ぶのはいつも黒いモノ・・・。


b0055088_6163594.jpg

[PR]
Top▲ by usausa87 | 2009-08-14 04:23 | stationery
Moleskine 読書日記
b0055088_929730.jpg


Moleskineにつける読書日記、かれこれ5年ほど続いています。この頃は、カレンダーを作って貼っていましたが、作るのが面倒になり、1年でやめてしまいました。この年はスクエアードタイプでしたが、今年はルールドを使っています。読書日記は、ルールドの方が使いやすいです。ある程度のボリュームの文章を書くのですが、方眼を無視することができなくて・・・かと言って5mm方眼にそって書くと細かすぎてすごく読みにくいんです。

ペンはLAMY VISTA EFにLAMYのブルーインクを使っていましたが、昨年と今年おろしたルールドはどちらも裏抜けが激しいため、読書日記に関してはプラチナのデスクペン極細を使っています。このペン、カートリッジ式なのですが、注射器でLAMYブルーインクを入れています。当たり前なのですが、極細ってインクの減りが遅いです。今まで国産の極細を使ったことがなかったので、今更ながら驚いています。
[PR]
Top▲ by usausa87 | 2009-06-08 09:52 | stationery
ペンクリニック
b0055088_313384.jpg


随分前のことですが、地元文房具店で開催されたセーラーのペンクリニックに行ってきました。今回のメーンの目的はLapita付録の「ミニ檸檬」と「WHITE」の調整。2本とも入手してすぐインクを入れて使ってみたものの、インクフローが悪く、筆記にストレスを感じたため、インクを使い切って洗浄したままお蔵入りしていました。

いくら付録だとはいえ、このままじゃ可愛そうだわ・・・と調整をお願いすることにしました。ドクター曰く、「ミニ檸檬は一体何本調整したことか・・・」。こんな付録の万年筆を調整してもらってもいいのかしら・・・と躊躇していたのですが、なんだ、皆結構お願いしてたんだーとちょっと安心。

当たり外れもあるのでしょうけれど、「WHITE」の方が随分出来が良いとのことでした。確かに、「ミニ檸檬」よりはまだ書きやすかったです。それでもまだまだの状態だったので、調整をお願いしたのですが、ゴッドハンドにかかると、ものの数分で書き心地良くなりました。

「ミニ檸檬」の方もさささっと調整してくださったのですが、今ひとつ納得がいかず何度かダメだし。「この程度が限界」と言われてがっかりした表情をしていたら、ドクターのプロ魂に火をつけてしまったようで、「ちょっと時間がかかっていいならやってみましょう」と、言ってくださいました。しばらくして調整が終わったそれは、「あなたホントニ付録なの?」と言うくらいに滑らかな書き味。さすが、ドクター、すごいです! こうして2本とも日常使いのローテーションに加えられることになりました。

めでたし、めでたし。
[PR]
Top▲ by usausa87 | 2009-04-10 03:22 | stationery
ペンケースを衝動買い
b0055088_2343179.jpg

随分前に理想のペンケースをアップしましたが、いまだに出合えずにいます。中途半端な物ならいらない!という性格ですので、万年筆用のペンケースは買わないまま現在に至っていました。(大学時代、オーブンが欲しかったけれど高かったので、お金が貯まるまでは焼き網をコンロにのせて食パンをトーストしていました。中途半端なオーブントースターは買いたくなかったので・・・)
先日仕事中に急に思い立ってペンクリニックに出掛けた時のこと。職場に置いていた万年筆3本と手帳にさしている1本の計4本を持って行ったのですが、入れるものがない・・・・仕方なくハンカチに包んでバッグに入れて行きました(汗)。まずは2本を調整してもらったのですが、ドクターの前で万年筆を取り出す時、さすがに恥ずかしく、次の2本を見てもらうまでの待ち時間にそのあたりを物色・・・衝動買いしてしまいました。
b0055088_2344677.jpg

4本収納すると、蓋をしめた時両側のペンがぶつかりそうですが、これ、そのあたりはちゃんとしていて、お互いに接触すること無く、ペン同士が傷つけ合うこともありません。通常、万年筆を4本も持ち歩くことはないので、このペンケースはペンクリニックへ出掛ける時専用になりそうです。
携帯時のこともしっかり考えられています。
[PR]
Top▲ by usausa87 | 2009-02-25 02:37 | stationery
| ページトップ |