Top

手紙と文房具と本と日々のことをつらつらと…
by usausa87
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログパーツ
フォロー中のブログ
LINK
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
パラレル 長嶋有
from 粋な提案
ラミーサファリは毒ですよ
from Pushpin Diary(..
連休3日間
from manu
10月といえば…
from manu
やっぱり白が好き!
from もの!モノ!!mono!!!
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2004年に出合ったお気に入りの本
図書館を利用し始めたので去年はここ何年かで最も本を読んだ年だった。
そのなかでベスト10をつけてみようと思ったけどいざ順位をつけるとなると難しい。
…ということで、順位関係なく2004年に読んだ本のなかで
特にお気に入りの本10冊をピックアップしてみた。




●ダ・ヴィンチ・コード 上・下/ダン・ブラウン/角川書店
ストーリーよりも蘊蓄にうなってしまった。
思わず世界史の参考書を引っぱり出して見てみたけど、
ここまでのことは書かれていなかった(やっぱり)。
こうやって世界史を教えてもらっていたらもっと興味がもてただろうに…。

●燃えよ剣 上・下/司馬 遼太郎/新潮社
新選組はあまり興味なかったけど、土方歳三に惚れてしまった一冊。

●重力ピエロ/伊坂 幸太郎/新潮社
●グラスホッパー/伊坂幸太郎/角川書店
伊坂作品のなかでも特に好きな2作。
でも他の作品も甲乙付けがたい。

●白い巨塔1〜5巻/山崎 豊子/新潮社
去年の初めにこの作品を読んで読書熱に火がついてしまった。

●The Goal−企業の究極の目的とは何か/エリヤフ・ゴールドラット/ダイヤモンド社
TOC(Theory of Constraints=制約条件の理論)をラブストーリーも交えて小説仕立てでわかりやすく解説したもの。

●幸福な食卓/瀬尾 まいこ/講談社
このふんわりした雰囲気はたまりません!
家族っていいなぁと思った作品。

●ワイルド・ソウル/垣根 涼介/幻冬舎
壮大なストーリーに圧巻!

●明日の記憶/荻原 浩
なんとももの悲しいストーリーだけど、ボロボロ泣いてしまった。

●センセイの鞄/川上 弘美/平凡社
こういうラブストーリーって素敵。
[PR]
Top▲ by usausa87 | 2005-01-05 21:42 | book
<< 新年早々の徹夜 | ページトップ | お正月休みの楽しみ… >>