Top

手紙と文房具と本と日々のことをつらつらと…
by usausa87
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログパーツ
フォロー中のブログ
LINK
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
パラレル 長嶋有
from 粋な提案
ラミーサファリは毒ですよ
from Pushpin Diary(..
連休3日間
from manu
10月といえば…
from manu
やっぱり白が好き!
from もの!モノ!!mono!!!
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
10/05の図書館借り出し本
1. 東京奇譚集/村上 春樹/新潮社
2. ベルカ、吠えないのか?/古川 日出男/文藝春秋
3. 名探偵の掟/東野 圭吾/講談社
4. アメリカの小学生が学ぶ歴史教科書/ジェームス・M・バーダマン/ジャパンブック

相変わらず、発売早々に予約を入れるとまわってくるのが早い田舎の図書館。
村上さんは肌に合わないといいながらも、新刊が出ると読まずにはいられないから
さすが村上さん。図書館に新着で入るなり予約を入れたらすぐにまわってきた。
今週末から館内整理のため、約3週間休館となるのでたっぷり時間がある♪

『ベルカ…』は予約を入れて何度もまわってきてたんだけど、そのたびに他に
読みたい本がどっさりあったため、後ろの人にまわし続けてはや何カ月?
やっと手元の本が片づいたので、順番がまわってきた。

『名探偵の掟』
『容疑者Xの献身』の予習に『探偵ガリレオ』か『予知夢』を読もうと思ったら
どちらも貸し出し中。みんな考えることは一緒なのね。仕方なく唯一あった
文庫本を借り出し。最近図書館本は単行本を借りることが多くて、重いわ大きいわで
持ち歩くのがおっくうになっていたため、持ち歩き用文庫本として。
家でなかなか読書時間がとれないので、せめて常に持ち歩いてちょっとした
空き時間にでも読まないと…。

『アメリカの…』は再借り出し。英語の勉強と歴史の勉強ができちゃうという
一石二鳥本。小学生向けだから英語も簡単なはず…(?)。
[PR]
Top▲ by usausa87 | 2005-10-05 23:12 | book
<< ミニ檸檬いや、Lapita購入! | ページトップ | 9月の読了本 >>