Top

手紙と文房具と本と日々のことをつらつらと…
by usausa87
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログパーツ
フォロー中のブログ
LINK
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
パラレル 長嶋有
from 粋な提案
ラミーサファリは毒ですよ
from Pushpin Diary(..
連休3日間
from manu
10月といえば…
from manu
やっぱり白が好き!
from もの!モノ!!mono!!!
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
『春、バーニーズで』 吉田 修一
春、バーニーズで
吉田 修一 / 文藝春秋
ISBN : 4163234802

いかにもバーニーズって感じの装丁。
ページ数が少なく、文字は大きく、
しかも途中に全面写真のページが何ページか
はさまれているので、すぐに読めてしまった。




表題作を含む5つの短編が収録されている。
いつものことながら、何も起こらない(小さな出来事はあれども)
毎日を淡々と描いている。
いつものごとく今どき固有名詞をちりばめながら
どこにでもいそうな人のどこにでも起こりそうな毎日が
描かれている。

特別何も起こらない日常を描くのはうまいなぁと思うのだけど
本を読むことに非日常的体験を望んでいる私にとっては
ちょっと物足りない。

悪くはないんだけど…読後何も残らない。

個人的には4編目の『パーキングエリア』が好き。
淡々とした毎日を送っている主人公が
ある日、衝動的に日常からエスケープしてしまう。
妻の対応もよかった。
こんな妻になりたいな…と思ってしまった。
[PR]
Top▲ by usausa87 | 2005-02-03 23:32 | book
<< 『いま、会いにゆきます』 市川 拓司 | ページトップ | そばかりんとう >>