Top

手紙と文房具と本と日々のことをつらつらと…
by usausa87
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログパーツ
フォロー中のブログ
LINK
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
パラレル 長嶋有
from 粋な提案
ラミーサファリは毒ですよ
from Pushpin Diary(..
連休3日間
from manu
10月といえば…
from manu
やっぱり白が好き!
from もの!モノ!!mono!!!
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
『コールドゲーム』 荻原 浩
コールドゲーム
荻原 浩 / 講談社
ISBN : 4062114569


中学2年の時、クラス皆でいじめたトロ吉こと廣吉剛史。
4年後、かつてのクラスメートの元に届いた廣吉からの復讐予告メール、
そして彼らに次々と降りかかる事件。




いじめられる者、いじめる者、そして傍観者。
いじめられた者以外にとっては時と共に風化してしまうような事実。
しかし、いじめられた者の心には深い傷としていつまでも残っていく。

私の中学時代にもいじめはあった。
当時はいじめという言葉は使われていなかったが…。
彼女はクラス全員から仲間はずれにされていた。

私は…いじめには荷担しなかった。でも…何もしなかった。
そういう点ではこの作品の光也と同じ。

廣吉にとっては首謀者も、しかたなく荷担した者も傍観者も同罪。

この作品を読んでふと…あの中学時代の彼女のことを思い出した。

青春物であり、ミステリー的な要素もあり、ホラーの要素もある作品。
そして…自分の過去と向き合わされる作品だ。
[PR]
Top▲ by usausa87 | 2005-02-06 20:20 | book
<< 2/8の図書館借り出し本 | ページトップ | 『クレイジーヘヴン』 垣根 涼介 >>