Top

手紙と文房具と本と日々のことをつらつらと…
by usausa87
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログパーツ
フォロー中のブログ
LINK
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
パラレル 長嶋有
from 粋な提案
ラミーサファリは毒ですよ
from Pushpin Diary(..
連休3日間
from manu
10月といえば…
from manu
やっぱり白が好き!
from もの!モノ!!mono!!!
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
『野ブタ。をプロデュース』 白岩 玄
野ブタ。をプロデュース
白岩 玄 / 河出書房新社
ISBN : 4309016839

なんともユニークなタイトル。
ここのところ偶然にもいじめを扱った作品が続いている。
それだけ現代の大きな社会問題なんだろう。

この作品、同じいじめを扱った物でも少し毛色が違う。




着ぐるみを来て本当の自分を隠して学校生活を送る桐谷修二。
彼は転向早々いじめられっことなった小谷信太を「野ブタ」と名付けて
人気者にすべくプロデューサーをかってでた。

プロデュースの過程を笑いを入れながら面白可笑しく書いているんだけれど、
いまひとつ複雑。前に読んだ2作(『コールドゲーム』と『対岸の彼女』)が
結構重い内容だったので、素直に笑えない。

たしかに、気の持ちようだとか、ちょっとしたことでいじめもいくらかは
なくなるかもしれない。でも、もっともっと深刻ないじめもあることを
考えると、複雑だった。

それにこのプロデューサーの桐谷、人との付き合い方は全て計算されていて
うわべだけの人間関係。内心ではまわりの友だちをバカにしている。
最近はこういうさめた人も多いのかもしれないが、このラストはちょっと…。

文章自体はサラサラと読めたけれど、テーマがちょっと複雑な気分だった。
今どきの人の作品っていう感じ。(こう感じてしまう私は歳かしら…)
[PR]
Top▲ by usausa87 | 2005-02-12 20:09 | book
<< 読書三昧の連休(?) | ページトップ | 『白蛇教異端審問』 桐野 夏生 >>