Top

手紙と文房具と本と日々のことをつらつらと…
by usausa87
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログパーツ
フォロー中のブログ
LINK
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
パラレル 長嶋有
from 粋な提案
ラミーサファリは毒ですよ
from Pushpin Diary(..
連休3日間
from manu
10月といえば…
from manu
やっぱり白が好き!
from もの!モノ!!mono!!!
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
『TVJ』 五十嵐 貴久
TVJ
五十嵐 貴久 / 文藝春秋
ISBN : 4163236503

舞台は25階建てのお台場のツインタワー「ニュー・ミレニアム・ビル」に拠を構える
テレビジャパン。最新鋭の設備を備えたテレビ局が、銃火器で武装した集団に
ジャックされた。人質救助のため、警察と犯人との交渉がテレビ放送を通して行われる。
そんななか人質となった婚約者を救うため、由紀子はひとりで敢然と犯人に
立ち向かっていく。



素直に面白かったと言えるエンターテイメント作品。
睡眠不足だったのに読み始めたら目がさえてしまって夜中に一気読み。
夜が明けてしまった。

由紀子は平凡なOL。
悪運が強いといいましょうか計算し尽くされた動きではなく、
棒をブンブンふりまわしていたら敵に当たってやっつけてしまったという感じ。
それにしても私が同じ立場に立ったらどうだろう。婚約者のためにこんなに危険を
おかすだろうか。自分だけ逃げて見捨ててしまうかも…。
ごめんなさい…将来の婚約者さん。

テレビドラマにすると面白そう。その後…なんて作品が出てもいいかも。
読みながら頭のなかでは由紀子が竹内結子、少佐は佐藤浩市で配役。

窮地に立たされると女性の方が実は肝が座って勇敢になれるのかも…。
女だってやるときにはやるのよ!
[PR]
Top▲ by usausa87 | 2005-02-16 20:02 | book
<< 2/18の図書館借り出し本 | ページトップ | 『となり町戦争』 三崎 亜記 >>