Top

手紙と文房具と本と日々のことをつらつらと…
by usausa87
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログパーツ
フォロー中のブログ
LINK
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
パラレル 長嶋有
from 粋な提案
ラミーサファリは毒ですよ
from Pushpin Diary(..
連休3日間
from manu
10月といえば…
from manu
やっぱり白が好き!
from もの!モノ!!mono!!!
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
4ページ目で投げ出した本
不在
宮沢 章夫 / 文芸春秋
ISBN : 4163236201

この人の作品は初めてだったのでどんなのだろう…とワクワクしながら
表紙を開いた。(初めて読む作家さんってワクワクしちゃうのよね)

1ページ目。
うん? なんだか読みにくいぞ…。
文字面を追うだけで内容が入ってこない。何なんだろう…

2ページ目。
ますますわからない…。この作品、文章が冗長なんだ…。

こういう冗長な文章って苦手。どこまで続くのこの文章…。
いち、にぃ、さん…ひえー一文が8行もある。

3ページ目。
なんとか耐えて読むが、ここまでの内容がちっとも頭に入っていない。

4ページ目。
もうダメ…。ついに投げ出してしまった!

4ページで投げ出した。
たった3ページで投げ出した本はもしかして人生初めてかもしれない。

この方、劇作家・演出家・作家という肩書きで遊園地再生事業団の主宰者らしい。

何年か前の作品が芥川賞候補になったこともあるとか…。

これは単純に好みの問題。

私は冗長な文章を読むのは嫌いなんだ!
[PR]
Top▲ by usausa87 | 2005-03-02 19:51 | book
<< 『オレたちバブル入行組』 池井戸 潤 | ページトップ | 倉敷・珈琲館のフレンチミックス >>