Top

手紙と文房具と本と日々のことをつらつらと…
by usausa87
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログパーツ
フォロー中のブログ
LINK
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
パラレル 長嶋有
from 粋な提案
ラミーサファリは毒ですよ
from Pushpin Diary(..
連休3日間
from manu
10月といえば…
from manu
やっぱり白が好き!
from もの!モノ!!mono!!!
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
第133回芥川龍之介賞・直木三十五賞候補作
第133回芥川龍之介賞・直木三十五賞の候補作が発表された。

★芥川賞候補

伊藤たかみ(いとうたかみ) 「無花果カレーライス」(文藝夏号)
楠見朋彦(くすみともひこ) 「小鳥の母」(文學界六月号)
栗田有起(くりたゆき) 「マルコの夢」(すばる五月号)
中島たい子(なかじまたいこ) 「この人と結婚するかも」(すばる六月号)
中村文則(なかむらふみのり) 「土の中の子供」(新潮四月号)
樋ロ直哉(ひぐちなおや) 「さよなら アメリ力」(群像六月号)
松井雪子(まついゆきこ) 「恋蜘蛛」(文學界六月号)

★直木賞候補

絲山秋子(いとやまあきこ) 「逃亡くそたわけ」(中央公論新杜)
恩田 陸(おんだりく) 「ユージニア」(角川書店)
朱川湊人(しゅかわみなと) 「花まんま」(文藝春秋)
古川日出男(ふるかわひでお) 「べルカ、吠えないのか?」(文藝春秋)
三浦しをん(みうらしをん) 「むかしのはなし」(幻冬舎)
三崎亜記(みさきあき) 「となり町戦争」(集英社)
森 絵都(もりえと) 「いつかパラソルの下で」(角川書店)

選考委員会は7月14日(木)午後5時から築地・新喜楽で開かれる。

直木賞候補作のなかで、『いつかパラソルの下で』と『花まんま』
『ベルカ、吠えないのか?』は図書館に予約中。
『いつか~』は58人待ち。いつになったらまわってくるのだろうか。
[PR]
Top▲ by usausa87 | 2005-07-07 17:27 | book
<< 手帳をカスタマイズ | ページトップ | 新旧モールスキン >>