Top

手紙と文房具と本と日々のことをつらつらと…
by usausa87
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログパーツ
フォロー中のブログ
LINK
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
パラレル 長嶋有
from 粋な提案
ラミーサファリは毒ですよ
from Pushpin Diary(..
連休3日間
from manu
10月といえば…
from manu
やっぱり白が好き!
from もの!モノ!!mono!!!
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
『グランド・フィナーレ』 阿部 和重
グランド・フィナーレ
阿部 和重 / 講談社
ISBN : 4062127938
スコア選択:

芥川賞受賞作。

主人公の沢見は、ロリコンで、自分の子どもや、他の子どもの裸の写真を撮ったり、
性的な関係を持ったりしていた。このことが、妻にばれて離婚。
仕事も失い、最愛の娘とも会うことができなくなる。

奈良の少女誘拐殺人事件を思い起こさせるかのような設定。
正直、他3つの短編も含め、拒絶反応…。
登場人物の誰にも共感も感動もできなかった。

主人公ははっきり言って犯罪者。娘と会えなくなることだけで罰せられたとは思えない。
こういう時期になぜこんな内容のものが芥川賞をとれるのか疑問。

この主人公、ロリコン性向以外はいたって普通の人のように描かれている。
おたくっぽい、いかにも…という人だけでなくこういう人まで…と思うと
子どもを持つのが恐ろしくさえなってしまう。
[PR]
Top▲ by usausa87 | 2005-04-23 20:44 | book
<< 大阪へプチ旅行 | ページトップ | 「象の消滅」 短篇選集 198... >>