Top

手紙と文房具と本と日々のことをつらつらと…
by usausa87
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログパーツ
フォロー中のブログ
LINK
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
パラレル 長嶋有
from 粋な提案
ラミーサファリは毒ですよ
from Pushpin Diary(..
連休3日間
from manu
10月といえば…
from manu
やっぱり白が好き!
from もの!モノ!!mono!!!
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
6月の読了本
5月末に体調不良になり、6月中頃までいまひとつ
復調できなかったため、ほとんど読書ができなかった。

   古道具中野商店/川上 弘美/新潮社
  ○遺失物管理所/ジークフリート・レンツ/新潮社
   子育て主婦の公認会計士合格記/小長谷 敦子/中経出版
   『恐怖の報酬』日記/恩田 陸/講談社
  ○タイムトラベラーズ・ワイフ 上/オードリー・ニッフェネガー/ランダムハウス講談社
  ○タイムトラベラーズ・ワイフ 下/オードリー・ニッフェネガー/ランダムハウス講談社
   絵でがみブック/杉浦 さやか/KKベストセラーズ
  ◎スノードーム/アレックス・シアラー/求龍堂



本を読むのが精一杯でなかなか感想アップできないので、
ひとまとめにしてしまった…。『スノードーム』は文字が大きく
子ども向けかと思ったが、人間の心のなかの深いところが描かれていて
大人でも楽しめる(感想できる)内容だった。これはオススメ!

感想アップはそのうち、時間をみつけてマイペースで…。

そういえば、『ほぼ日刊イトイ新聞』の『保坂和志さんの経験論』という
コーナーで、

「小説をおもしろく読むこと」とは逆になる観点は、どんなものだと思いますか?
という質問に対して、保坂さんが答えていた内容。

小説を読むための敵があるとするなら、
「わかったように、評論家のようにまとめてしまうこと」なんです。
だから、インターネットで読者レビューというものを見かけると、
「それ書くヒマがあるなら、本を読んだほうがいいよ」と思います。

中略

小説家にとっていちばん真摯に受けとめたい読者は、
レビューを書く人ではなくて「ただただちゃんと読む人」なんです。
評価しようという読みかたはだめだし、
読んだあとにすぐにレビューを書こうと思う読みかたもだめなんです。
読むことと書くことはやっぱり別なんです。


私の場合、書評ではなくて、自分の感想を書いているので、
日記の一部のようなものなのだけど、それでもいざ書こうとすると
それなりに時間がかかる。だから、読書時間さえなかなかとれない時には
どうしても感想があとまわしになってしまうのだ。
(ちょっと言い訳してみた)
[PR]
Top▲ by usausa87 | 2005-07-01 22:28 | book
<< お買い物 | ページトップ | 自家製とうもろこし >>