Top

手紙と文房具と本と日々のことをつらつらと…
by usausa87
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログパーツ
フォロー中のブログ
LINK
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
パラレル 長嶋有
from 粋な提案
ラミーサファリは毒ですよ
from Pushpin Diary(..
連休3日間
from manu
10月といえば…
from manu
やっぱり白が好き!
from もの!モノ!!mono!!!
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
6月最後の図書館借り出し本
『黄金の声の少女』ジャン=ジャック・シュル/新潮社
『彼方なる歌に耳を澄ませよ』アリステア・マクラウド/新潮社
『砂漠の囚われ人マリカ』マリカ・ウフキル、ミシェル・フィトゥーシ/早川書房
『聖なる血 竜の黙示録』篠田 真由美/祥伝社
『太宰治変身譚』出口 裕弘/飛鳥新社
『傷口にはウオッカ』大道 珠貴/講談社
『しかたのない水』井上 荒野/新潮社
『坂の上の雲1』司馬 遼太郎/文芸春秋
『重曹生活のススメ』岩尾 明子/飛鳥新社
『洗う。大事典』/ぴあ



全て予約本。
今回も一気にまわってきてしまった。何カ月も前から予約していたものから
ついこの間予約をいれたものまで…いつものことながら予想つかず。近ごろ
読書量が一気に減っているので、果たして全部よめるのだろうか?

『黄金の声の少女』と『彼方なる歌に耳を澄ませよ』はどちらもクレスト
ブックス。このシリーズって結構面白いものが多いので、内容も知らずに
借りてしまった。

『砂漠の囚われ人マリカ』は以前テレビ番組『ザ!世界仰天ニュース』で
やっていたのをみて借りてみた。
マリカ・ウフキルはモロッコの将軍の娘。19歳の時、父親がクーデターを
起こしたため、サハラ砂漠で想像を絶する過酷な監禁生活をおくることに。
15年にわたる監禁生活ののち、命がけの脱出をはかるのだった。この事件
について書かれたのが本書。ちなみにマリカはその後結婚し、アメリカで
幸せに暮らしているとのこと。

大道 珠貴『傷口にはウオッカ』と井上 荒野『しかたのない水』は先日
京都に一緒に行った友人が面白かったとオススメの作品。どちらも未読の
作家さん。楽しみ楽しみ。

『重曹生活のススメ』と『洗う。大事典』は、汚れ放題の部屋をなんとか
しよう!という決意のあらわれ。なんでも市販の洗剤を使わないで重曹と
ビネガーでお掃除できちゃうとか…。
[PR]
Top▲ by usausa87 | 2005-06-28 22:24 | book
<< 自家製とうもろこし | ページトップ | 6/28のお弁当 豚肉の野菜巻き煮 >>