Top

手紙と文房具と本と日々のことをつらつらと…
by usausa87
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログパーツ
フォロー中のブログ
LINK
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
パラレル 長嶋有
from 粋な提案
ラミーサファリは毒ですよ
from Pushpin Diary(..
連休3日間
from manu
10月といえば…
from manu
やっぱり白が好き!
from もの!モノ!!mono!!!
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
『君たちに明日はない』 垣根 涼介
君たちに明日はない
垣根 涼介 / 新潮社
ISBN : 4104750018
スコア選択: ※※※


「これを機会に、新たに外の世界にチャレンジされるのも
一考かと思われますが、いかがでしょう?」が常套句の主人公村上真介。
彼はリストラ請負会社に在籍、企業からリストラを依頼され、
首切りのための面接を行っている。

5社での首切りを描いた5編からなる連作短編集に
彼自身の恋愛ストーリーが織り込まれている。

垣根涼介といえば、『ワイルド・ソウル』があまりにも大作すぎてその印象が強い。
しかし、前回読んだ『クレイジーヘヴン』はどぎつい性描写が不快にさえなった
全く共感できない内容。
今回も恐る恐る読んでみたが、前回よりはましだったものの、
『ワイルド・ソウル』の壮大さには程遠い作品。
リストラの悲惨さが全面に押し出されているわけでもなく、
陽子との恋愛も織り込まれている必要性を感じられず…。
なんだかどっちつかずの内容になっている気がした。

こんなにうまくいくリストラばかりではないと思うのだけれど…。
重い内容をライトに表現したかったのかもしれないが、
恋愛ストーリーをこのタイミングで絡ませられると
なんだかふざけているようでちょっと腹が立つ。

あまり深く考えず軽ーく読むエンタメ小説として考えれば
楽しめるのかもしれないが…。
[PR]
Top▲ by usausa87 | 2005-05-03 00:54 | book
<< 一番に届いたおめでとうのメッセージは | ページトップ | 母の日のギフトを物色 >>