Top

手紙と文房具と本と日々のことをつらつらと…
by usausa87
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログパーツ
フォロー中のブログ
LINK
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
パラレル 長嶋有
from 粋な提案
ラミーサファリは毒ですよ
from Pushpin Diary(..
連休3日間
from manu
10月といえば…
from manu
やっぱり白が好き!
from もの!モノ!!mono!!!
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
『遺失物管理所』 ジークフリート・レンツ/新潮社
新潮クレスト・ブックス 遺失物管理所
ジークフリート・レンツ 松永 美穂 / 新潮社
ISBN : 4105900447
スコア選択: ※※※


主人公のヘンリー・ネフは、北ドイツの大きな駅の遺失物管理所に異動になる。実はこの職場、出世の見込みのないリストラ要員の吹き溜まりのような場所。24歳にしてそんな職場に異動になったのだが、ヘンリーはなんだか楽しげなのだ。

遺失物管理所…駅構内や電車内での遺失物(拾得物)を保管してくれている場所だ。私はほとんど忘れ物をした経験がないため、こういう所に御世話になったことはないのだけど、たしか、日本では無料だったと思うのだけど…。ドイツでは駅が手数料を取るらしい。

で、このヘンリー、遺失物が本人のものかどうかの証明をさせるのに、想像力を働かせ、あの手この手を使う。ナイフをなくした旅芸人には、自分を的にナイフ投げを実演させたり、台本をなくした舞台女優にはセリフを暗誦させてみたりするのだ。ヘンリーの性格から言って証明させるため…というよりはやらずにはいられないという、自分の欲望を満たしているだけのような気もする。とにかくトンデモ野郎なのだ。

トンデモで思い出したが、『空中ブランコ』のトンデモ精神科医伊良部を彷彿させるところがある。伯父が上層部にいて、たぶんコネ入社っぽいし、遊んでるだか仕事してるんだか、ふざけてるんだか本気なんだかわからない。でも一応仕事は片付いていくし、人に対してやさしいところもある。

そうしたヘンリーのトンデモぶりが飄々とした感じで展開される中でも、バシュキール人の友人に対する人種差別や、身辺に出没する暴走族や人員削減などの暗いテーマも織り込まれている。このあたりがなんだかドイツの香りがする(ドイツの香りってどんな香りなんだ?)。しかもこの作品ちょっとレトロな香りもするのだが、どうやら最近の話らしい。ま、巨匠レンツ77歳の作品らしいので、それもやむ無しか…。

全体を通して作品に漂うなんともいえない空気感が良かったが、同時に終始気になったのは、翻訳。ドイツ語の原文が浮かんできそうな感じで、ややぎこちない気がした。
[PR]
Top▲ by usausa87 | 2005-06-13 23:26 | book
<< 6/14のお弁当 鶏肉と水菜と... | ページトップ | もう夏がやってきたの? >>