Top

手紙と文房具と本と日々のことをつらつらと…
by usausa87
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログパーツ
フォロー中のブログ
LINK
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
パラレル 長嶋有
from 粋な提案
ラミーサファリは毒ですよ
from Pushpin Diary(..
連休3日間
from manu
10月といえば…
from manu
やっぱり白が好き!
from もの!モノ!!mono!!!
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
アクションプランナーを使ってみました
b0055088_20114517.jpg
ずっと気になりながらも、私の生活スタイルには合わないかな…と買うのを躊躇していたアクションプランナー。年初に佐々木かをりさんの『時間管理術』講座を受講したとき、一緒にいった友人がプレゼントしてくれました。佐々木さんのサイン入りです!

バーチカルタイプのウィークリーは以前クオバディスのエグゼクティブノートを3年ほど使用。時間軸を無視し、To do を主としたメモを箇条書きしていました。箇条書きメモならバーチカルじゃなくても…と思われますが、複数日にわたるTo doや、一連のTo doは横に矢印をのばして書くと流れが把握できて便利でした。

結構気に入っていたのに使わなくなってしまったのは、全てを書き込むにはスペースが小さすぎ、かと言って2冊持つには大きすぎたからです。そういう経緯もあって、(同じフランス製というのもあってか)エグゼクティブノートとなんとなく似ているアクションプランナー、うまく使えないんじゃないかな…と不安だったのですが、せっかくプレゼントしてもらったのでひとまず使ってみました。

『時間管理術』講座を受講したことだし、今回は佐々木かをりさんの手帳術に倣った使い方をしてみることに…。

佐々木かをりさんの手帳術は
・時間軸を点ではなく面で使う
・To do リストは時間枠内に
・すべてを1冊に
といったあたりが特徴でしょうか。

1ヶ月使ってみた結果は…やはり私には使いにくかったです。いい手帳なんですけれどね。

使いにくかった点は
・7時~22時という時間軸が私の活動時間と合わない
・To doリストを時間枠内に全て書き込むにはスペースが狭すぎる
・メモ欄が少ない
・かなり先の(未確定な)予定も時間軸に落としこむのは私にとっては現実的でない
などです。

ただ、佐々木さんの手帳術自体は見習いたい点が多いので、情報カードを使って実行しています。




[PR]
Top▲ by usausa87 | 2010-07-17 20:44 | stationery
<< ほうきを買いました | ページトップ | ペンクリニックに行ってきました >>