Top

手紙と文房具と本と日々のことをつらつらと…
by usausa87
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログパーツ
フォロー中のブログ
LINK
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
パラレル 長嶋有
from 粋な提案
ラミーサファリは毒ですよ
from Pushpin Diary(..
連休3日間
from manu
10月といえば…
from manu
やっぱり白が好き!
from もの!モノ!!mono!!!
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
近頃読んだ手帳&ノート術本
「結果を出す人」はノートに何を書いているのか
4901491938


能率手帳の流儀
482071709X

夢をかなえるサッカーノート
4163717404


ほぼ日手帳公式ガイドブック 2010
ほぼ日刊イトイ新聞
4838720157



『ほぼ日手帳公式ガイドブック 2010』は視覚的に楽しめました。
特に後半で紹介されていた「イラスト育児日記」はマメだな~と感動。
「ほぼ日」を6年手帳として使うとか、週間手帳を家計簿に・・・など使い方のアイディアも参考になりました。

あとの3冊は手帳、ノートの使い方をもう一度見直し、組み立てなおすきっかけを与えてくれました。
3冊ともに共通していたことは、見返すことが大切だということ。

3冊のなかでは『「結果を出す人」はノートに何を書いているのか』が
一番私の使い方に近かったので特に参考になりました。

過去、スケジュール帳に全て記入する、ノート1冊に全て記入するなど情報を全て1冊にまとめる方法を試してみました。しかし、スケジュール帳とノートの消費(使用)ペースが異なる、1冊にまとめてしまうとボリュームが大きくなり、携帯できない場合があるetc...色々と問題がありました。
結果、自分に合っていると思ったのがメモ帳、ノート、スケジュール帳の3冊併用。
『「結果を出す人」は・・・』でも「メモ帳」、「母艦ノート」、「スケジュール帳」の3冊を用途に応じて使い分けることを提唱しています。
『ほぼ日手帳』を使うようになってからの懸案事項だったノートと手帳の併用問題もこれで解決です。スケジュール帳にはスケジュールのみを書き、あとは全てノートに・・・。
結局、ほぼ日を使い始める前の状態に戻ることになりました。

来年の手帳はこの方向で物色中です。
[PR]
Top▲ by usausa87 | 2009-09-15 01:20 | book
<< 早朝のたのしみ | ページトップ | 『平家物語絵巻のすべて』後期展... >>