Top

手紙と文房具と本と日々のことをつらつらと…
by usausa87
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログパーツ
フォロー中のブログ
LINK
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
パラレル 長嶋有
from 粋な提案
ラミーサファリは毒ですよ
from Pushpin Diary(..
連休3日間
from manu
10月といえば…
from manu
やっぱり白が好き!
from もの!モノ!!mono!!!
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
7月の読了本
7月の読書メーター
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:1305ページ

華氏451度 (ハヤカワ文庫 SF フ 16-1)華氏451度 (ハヤカワ文庫 SF フ 16-1)
読了日:07月08日 著者:レイ・ブラッドベリ
恋文の技術恋文の技術
読了日:07月17日 著者:森見 登美彦
世に棲む日日〈3〉 (文春文庫)世に棲む日日〈3〉 (文春文庫)
読了日:07月18日 著者:司馬 遼太郎
世に棲む日日〈4〉 (文春文庫)世に棲む日日〈4〉 (文春文庫)
読了日:07月28日 著者:司馬 遼太郎

読書メーター


今更ですが・・・(アップするのをすっかり忘れていました)。

7月は4冊読みました。
相変わらず5冊以下のところで低迷しています。

ここのところ司馬遼太郎作品が続いていたので、『華氏451度』はなかなか入り込めませんでした。SFモノは苦手というのもあって時間がかかってしまい、結局よくわからないままに読み終わってしまった。

『恋文の技術』は相変わらずのモリミー節炸裂でした。
これ、タリーズで読んでいたのですが、タイトルを見られると誤解されそうで恥ずかしかった・・・。

『世に棲む日日』の後半は高杉晋作が主人公。
「動けば雷電の如く発すれば風雨の如し、衆目駭然、敢て正視する者なし。」 といわれた高杉晋作、まさに太く短く時代を駆け抜けた一生でした。
[PR]
Top▲ by usausa87 | 2009-08-15 08:47 | book
<< セーラー プロフェッショナルギア | ページトップ | PILOT「birdie」 >>